« [無料ブログの移転] 個別記事ごとにcanonical付与とリダイレクトを行う方法 [JavaScript] | トップページ | AliExpressのストア評価(フィードバック)は操作可能? »

2021年8月25日 (水)

[検索エンジン比較] Googleへの疑問 - BingやDuckDuckGoとの違い

初めに私の結論を述べたいと思います。
Googleはサイトの品質を測る独自のフィルターが強く働いているように感じます。それが機能して低品質なサイトが除外される一方で、有用なサイトも除外してしまっている面があると感じています。
一方でBingやDuckDuckGoではそのようなフィルター機能は少なく、単純に検索キーワードと記事内容の関連性によって検索結果を表示する傾向があると感じます。
Googleの、サイトの信頼性を判断するという試みそのものは挑戦的で良いものだと思うのですが、現時点ではAIはサイトの質や信頼性を正確に測る能力はありません。
BingかDuckDuckGoの場合は、低品質な記事も表示される一方で有用な記事の除外も少ないという傾向にあるのではないかと思います。
また、「低品質」の判断は人によって異なることもある点も重要だと思います。その判断を検索エンジンが積極的に行うのには懸念もあります。

BingはMicrosoft社の検索エンジンで、ブラウザーのEdgeの標準です。DuckDuckGoもアメリカ企業の検索エンジンで、VivaldiやTor Browserの標準であり、プライバシー保護を重視しているものとして有名です。
GoogleとBingまたはDuckDuckGoでは検索結果がかなり異なります。
ただしBingとDuckDuckGoは比較的似た検索結果となります。DuckDuckGoはBingの検索結果を取り入れているようです。
私は最近Googleの検索結果に疑問を持ったのですが、それは私のブログ記事がなぜかGoogleでは上位表示されにくいことに気づいたことがきっかけです。逆にBingとDuckDuckGoでは上位表示されやすいです。
私のブログでは基本的に既存のネット上に無い情報の発信を行っており、それについてのキーワードで検索すれば上位表示されても良いだろうと考えるのですが、Googleでは上位表示されるどころか検索結果から除外されている(検索圏外になっている)ことも多く、関連性が薄いか内容の薄い記事ばかりが並ぶ状態が散見されます。検索結果から除外されている記事は、内容の薄い記事ではなくむしろしっかりと書いた記事も多く、なぜそれらが除外されているのかは本当に疑問です。
もう一つ疑問に思うのが、同義語の検索で全く異なる検索結果が出ることです。
ほぼ同じ意味でも別の表現にして検索すると、上位表示されていた記事がいきなり検索圏外になったりします。私のブログ記事でも特定のキーワードで検索するとかなり上位表示されるものもあるのですが、少し検索キーワードを変えるだけで検索圏外になったりします。
検索キーワードは、記事タイトルに含まれている範疇で変化させてもこのようになります。
例えば、「Firstrade証券、およびIB証券について」という私の記事があるのですが、「Firstrade ib証券」で検索すると2位に表示される一方、「Firstrade証券 ib証券」や「Firstrade ib」で検索するといきなり検索圏外になります(なぜか他のサイトの表示順はほぼ変わっていませんでしたが)。他にも、「オプションキャッシュフロークラブ(OCFC)のレビュー」という記事は「オプションキャッシュフロークラブ レビュー」で検索してもなぜか圏外ですが、「オプションキャッシュフロークラブ OCFC」や「OCFC レビュー」だと上位表示されます。
ちなみにこの「オプションキャッシュフロークラブ」についての情報はネット上に少なく、他のレビュー記事も見当たらないものであるにも関わらず、私のレビュー記事が検索結果に表示されないのは明らかにおかしいです。
このようなことは、BingやDuckDuckGoでは起こっていないように見えます(ただし記事タイトルに含まれない同義語の推測はGoogleと同じく難しい模様です)。

これらの検索エンジンの違いについて、私が感じたことを書きます。

Googleは信頼性の高いサイトを上位表示しようとしているらしく、そのために単純に記事内容を評価するのではなく、他のファクターにも重きを置いている印象を受けます。検索結果では、個人のブログや雑記ブログよりも、企業のページや専門サイト(一つのジャンルに絞ったサイト)を上位表示させるようにしているようです。
企業のページや専門サイトが必ずしも質の高い記事を書いているとは限らないのですが、統計上はそういう傾向はあるかもしれません。
実際に、質の低いサイトは検索結果の上位からは除かれているように思いますが、同時に、有用な個人のブログ記事も検索結果から除かれているように思います。そのため、個人の口コミ情報などを得たい場合にはGoogle検索は向いていないかもしれないと思います。逆に、公式ページなどはしっかりと1位表示されます。
フィルター機能が強いとも言え、フィルターが良い方向に機能すれば良いのですが、そこまでAIは賢くないようです。
ウェブサイトの信頼性を判断できないネット初心者に向いていると言えるかもしれませんが、信頼性を自分で判断したい、又は判断できるという人にはあまり向いていないのかとも思いました。

BingとDuckDuckGoは、Googleと反対です。企業のページを上位表示させようという感じは受けません。検索キーワードに関する公式ページが1位に表示されないことが良く起こります。その代わり、個人のブログが上位表示されやすいようです。質の低い記事も上位表示されることは多いのかもしれませんが、記事の取りこぼしが少ない、つまり検索キーワードに一致した記事であれば検索結果に表示されやすいという傾向があるように思います。キーワード主義が強いとも言え、記事の中に検索キーワードがあることが重要になっているように思います。Googleの場合は逆にキーワード主義が弱く、キーワードの一致よりも他のファクターによって検索結果がかなり左右されるということのように思います。

Googleだけでは検索結果から除外されている有用なサイトが多くあるかもしれない、という点が一番の懸念点です。
しかし、Googleのほうが欲しい情報が得られる場合もあるし、BingかDuckDuckGoのほうが欲しい情報が得られる場合もあるため、一概にどちらが良いとは言えないと思います。
基本的にGoogleで調べ、欲しい情報が得られない時はBingかDuckDuckGoで調べるという使い方が良いかもしれません。沢山情報がある事柄についてはGoogleで検索すれば信頼性の高そうなサイトを選んで表示してくれるので良いと思いますが、情報が少ない事柄についてはあまり強いフィルターで検索結果を絞られても困るため、BingかDuckDuckGoのほうが良い場合があると思います。

BingとDuckDuckGoについてどちらが良いかですが、私はDuckDuckGoを使っています。
Bingのホーム画面には日替わりで美しい風景画像を載せています。ホーム画面に関してはBingが最も好みです。
しかし検索結果には広告が多く、広告とそうでないリンクへの区別が付きにくいです。これは致命的な欠点だと思います。
DuckDuckGoは検索結果画面のカスタマイズが割と細かく行えます。

Chrome、FireFox、Edgeなどのブラウザーでは、URL欄の中で検索エンジンを指定して検索することができます。
設定にて、検索エンジンごとに「キーワード」を設定できます。
例えばChromeでは以下のようにキーワードを設定できます。
Search_engine_chrome

ここのキーワードで設定した文字を、ブラウザーのURL欄に入力し、続けてスペースを入力すると検索エンジンが切り替わります。
また、DuckDuckGoの検索では、独自にBang機能と呼ばれるものがあり、これにより他の検索エンジンでの検索を行えます。
例えば、検索欄に「!g」、スペースと入力した後に検索キーワードを入れて検索するとグーグル検索で検索されます。

« [無料ブログの移転] 個別記事ごとにcanonical付与とリダイレクトを行う方法 [JavaScript] | トップページ | AliExpressのストア評価(フィードバック)は操作可能? »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [無料ブログの移転] 個別記事ごとにcanonical付与とリダイレクトを行う方法 [JavaScript] | トップページ | AliExpressのストア評価(フィードバック)は操作可能? »