« 「クロール済み - インデックス未登録」として記事が除外される原因はGoogle独自の品質評価にある? | トップページ | 【サイト移転】内部リンク張り替え・文字置換用スクリプト »

2021年10月19日 (火)

Dr. Schulze's 腸のデトックスプログラムのレビュー

Dr. Schulze's (American Botanical Pharmacy)から出ている、腸のデトックスプログラムのレビューを行いたいと思います。
American Botanical Pharmacyの製品はデトックス用としてバシャールが薦めたことで有名になっていると思います。ただしバシャール曰く、これ以外にも良い物はあるとのことです。
しかし日本には同じようなデトックス用の製品は恐らく無く、アメリカ等から輸入しないと手に入らないと思います。Dr. Schulze'sは日本にも送ってくれますのでこれを利用してみました。
Dr. Schulze'sで購入する際はクーポンを利用したりスペシャルオファーの時に利用すると安く買えます。メールマガジンに登録しておくと、時々送料無料のオファーが来ます。国際便は無料の対象外ですが、それでも割引をしてくれるようです。また、クーポン発行サイトがいくつかありますのでそれらを利用することも出来ます。
ちなみに私が良く利用するアメリカの通販サイトiHerbでも、デトックス用のキットが何種類も売っています。これらとの違いについては、Dr. Schulze'sのほうが飲む量が多くガイドも細かく、本格的なプログラムであるように思いました。

Dr. Schulze'sの腸のデトックスでは「Intestinal Formula #1」「Intestinal Formula #2」を用います。Intestinal Formula #1は腸の蠕動を促して排泄を促す、いわゆる下剤としての処方、Intestinal Formula #2はチャコール・クレイ・食物繊維などが成分で腸内の不純物を吸着するための処方です。
プログラムのガイドはhttps://www.herbdoc.com/5-day-bowel-detoxでダウンロードできますのでそちらを参考にしてください。
まずIntestinal Formula #1を数日間飲み、腸の排泄を良くしてからIntestinal Formula #2を飲み始めるという流れです。
初めからIntestinal Formula #2を飲み始めると、食物繊維等が増えることで腸の排泄が逆に悪くなる可能性があるのかもしれません。

Intestinal Formula #2についてはカプセル状のものとパウダー状のものがあります。
パウダー状のものは水やジュースに混ぜてから飲みます。水だけで飲むと飲みにくい味ですが、オレンジジュースと水を半々に混ぜたもので飲むと大丈夫でした。
オレンジジュースと水を半々か、またはオレンジジュースを少し多めにする方法がお薦めです。オレンジジュースだけだと水分が不足する感じがします。
500ml弱の水分と一緒に飲む必要がありますので、カプセルよりもパウダーのほうが水が飲みやすいのではないか?と思いました。
価格もパウダーのほうが安いので、個人的にはパウダーのほうを薦めます。
また、パウダーの場合は水分と混ぜてシェイクするためのボトルが必要です。パウダーの成分が容器に付着しやすいので、簡単に洗えるものを用意すると良いと思います。私は水筒を使ったのですが、注ぎ口の部品にパウダーが付着して取れなくなりました。

Intestinal Formula #1は何錠飲むか決められている訳ではなく、排泄がスムーズになるまで(毎日排泄があるまで)錠数を調整しながら飲むという方法になります。そのため、多めの量が入っています。
実際に試したところ、私はこの処方は合わなかったようです。どうも私は胃が弱く、例え一錠だけを飲んだとしても胃が痛くなりました。そして下痢をすることもあったのですが、逆に排泄が2日に1回に留まることもあり、プラスの作用よりもマイナスの作用のほうが強い感じでした。
どうすべきか考えたところ、もっと優しい下剤を使ってみたら良いのでは無いかと思いました。
そこで下剤について調べたところ、どうやら下剤には大雑把に言うと2種類あり、センナやカスカラサグラダ、アロエなどの植物性のものと、酸化マグネシウムなどの鉱物性のものがあることが分かりました。植物性のものは腸を刺激して蠕動を促しますが、酸化マグネシウムは浸透圧の関係で腸内の水分を増やすことで便を柔らかくして排泄しやすくします。植物性のほうが作用が強いです。Dr. Schulze'sは植物性のものを使っています。
そのため私は作用が穏やかな酸化マグネシウムをIntestinal Formula #1の代わりに使うことにしました。酸化マグネシウムでも色々種類がありますが、私はその中でも作用が強くコスパも良かった「フジックス 3Aマグネシア 90錠」を購入しました。https://www.yodobashi.com/product/100000001002738916/
これで試したところ問題は無くなりました。こちらのほうが私には合っていたようです。

ちなみに、iHerbで売っているデトックスキットのほとんどが植物性の下剤を使用しています。ただ、中には酸化マグネシウムを下剤に使用したキットもありました。
Nature's Way, Thisilyn(ティシリン)クレンズ、Mineral Digestive Sweep(ミネラルダイジェスティブスウィープ)配合、15日間プログラム
胃が丈夫な人はそのまま植物性の下剤で大丈夫かと思いますが、胃が弱い人はこのように酸化マグネシウムを使用した方法を試すというのも有りかもしれません。

デトックスプログラムを終えて、私は特別変化は感じませんでしたが、効果は無いとは思わないので、今後定期的にやっていければと思っています。
また、腸(Bowel)のデトックス以外にも肝臓(Liver)や腎臓(Kidney)のデトックスプログラムもあります。そちらも余力があればやりたいとも思っています。
iHerbのデトックスキットでは肝臓のデトックスも腸のデトックスも一緒に行う手軽な仕様なのですが、Dr. Schulze'sでは分かれています。

« 「クロール済み - インデックス未登録」として記事が除外される原因はGoogle独自の品質評価にある? | トップページ | 【サイト移転】内部リンク張り替え・文字置換用スクリプト »

自然療法と食の安全」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「クロール済み - インデックス未登録」として記事が除外される原因はGoogle独自の品質評価にある? | トップページ | 【サイト移転】内部リンク張り替え・文字置換用スクリプト »